アルバムの点数といえば、Amazonのレビューをわりと参考にしてるのですが、

やはり、音楽メディアの評価も気になるものですよね。

そこで今回はPitchforkが10点満点を付けたアルバム79枚をご紹介します(ちなみに満点はあと数枚あります)。

リイシュー時の得点がほとんどで、過去の名盤が多いです。最近のだとカニエだけですねぇ。

The Beach Boys  『The Smile Sessions』 2011年
Kanye West  『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 2010年
Pavement  『Quarantine the Past』 2010年
J Dilla  『Donuts』  2006年
Various Artists  『No Thanks!: The 70s Punk Rebellion』 2003年
Wilco  『Yankee Hotel Foxtrot』 2002年
William Basinski  『The Disintegration Loops』 2002年
...And You Will Know Us By the Trail of Dead  『Source Tags & Codes』 2002年
John Coltrane  『The Olatunji Concert: The Last Live Recording』 2001年 
Radiohead  『Kid A』 2000年
D'Angelo  『Voodoo』 2000年
The Flaming Lips  『The Soft Bulletin』 1999年
The Dismemberment Plan  『Emergency & I』 1999年 
Bonnie 'Prince' Billy  『I See a Darkness』 1999年
Boards of Canada  『Music Has the Right to Children』 1998年
Neutral Milk Hotel  『In the Aeroplane Over the Sea』 1998年
Bob Dylan  『The Bootleg Series, Vol. 4: Live 1966: The Royal Albert Hall Concert』 1998年 
Radiohead  『OK Computer』 1997年
Spiritualized  『Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space』 1997年
Amon Tobin  『Bricolage』 1997年
Weezer  『Pinkerton』 1996年 
DJ Shadow 『Endtroducing...』 1996年
Walt Mink 『El Producto』 1996年
Radiohead  『The Bends』 1995年 
GZA  『Liquid Swords』 1995年
Nas  『Illmatic』 1994年
Pavement  『Crooked Rain, Crooked Rain』 1994年
The Smashing Pumpkins  『Siamese Dream』 1993年
Pavement  『Slanted & Enchanted』 1992年
Nirvana  『Nevermind』 1991年 
My Bloody Valentine  『Loveless』 1991年
Talk Talk  『Laughing Stock』 1991年 
The Stone Roses  『The Stone Roses』 1989年
The Cure  『Disintegration』 1989年 
Galaxie 500  『On Fire』 1989年
Beastie Boys  『Paul's Boutique』 1989年 
My Bloody Valentine  『Isn't Anything』 1988年
Sonic Youth  『Daydream Nation』 1988年
The Smiths  『The Queen Is Dead』 1986年
The Fall  『This Nation's Saving Grace』 1985年
The Replacements  『Let It Be』 1984年
The Smiths  『Hatful of Hollow』 1984年
R.E.M.  『Reckoning』 1984年 
R.E.M.  『Murmur』 1983年 
XTC  『English Settlement』 1982年
Glenn Branca  『The Ascension』 1981年 
Joy Division  『Closer』 1980年
Joy Division  『Unknown Pleasures』 1979年
Throbbing Gristle  『20 Jazz Funk Greats』 1979年 
The Clash  『London Calling』 1979年
Elvis Costello & The Attractions  『This Year's Model』 1978年
Wire  『Chairs Missing』 1978年
Wire  『Pink Flag』 1977年
Television  『Marquee Moon』 1977年
Pink Floyd  『Animals』 1977年
Fleetwood Mac  『Rumours』 1977年 
Bruce Springsteen  『Born to Run』 1975年
Kiss  『Alive!』 1975年
Joni Mitchell  『The Hissing of Summer Lawns』 1975年
Joni Mitchell  『Court and Spark』 1974年
The Who  『Odds and Sods』 1974年
Roxy Music  『For Your Pleasure』 1973年 
The Rolling Stones  『Exile on Main St.』 1972年
Joni Mitchell  『Blue』 1971年
Serge Gainsbourg  『Histoire de Melody Nelson』 1971年
Can  『Tago Mago』 1971年
The Velvet Underground  『Loaded』 1970年
Neil Young  『After the Gold Rush』 1970年
Neil Young  『Everybody Knows This Is Nowhere』 1969年 
The Beatles  『Abbey Road』 1969年
The Beatles  『The Beatles』 1968年
The Beatles  『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 1967年
The Beatles  『Magical Mystery Tour』 1967年 
The Velvet Underground  『The Velvet Underground & Nico』 1967年
The Beatles  『Revolver』 1966年
The Beatles 『Rubber Soul』 1965年
Otis Redding  『Otis Blue: Otis Redding Sings Soul』 1965年
James Brown  『Live at the Apollo』 1963年
Miles Davis  『Kind of Blue』 1959年 

こうして眺めてみると有名なアルバムばかりでCDガイド本みたいになってしまって
まいち面白みが無い気もしますが、あなたは何枚聴いたことがあったでしょうか。
my-bloody-valentine-4S














個人的には、マイブラ、RADIOHEAD、Spiritualized、The Flaming Lips、D'Angeloあたりはフェイバリットです。
Nasの『Illmatic』とJ Dillaの『Donuts』は、ロックしか聴かないという方にHIPHOP入門用としていいかもしれません。ジャジーです。
マイルスの 『Kind of Blue』はジャズ入門用の最強盤です。ロック寄りの『Bitches Brew』も、深いのでぜひ。
コルトレーンの『The Olatunji Concert』は“フリー・ジャズ”を知るにはいい1枚だと思います。魂で演奏してます。
バシンスキーはSPEKKレーベル繋がりでテイラー・デュプリー→坂本龍一→Alva Noto、クリスチャン・フェネス、クリストファー・ウィリッツと辿って、近年の坂本龍一の仕事を知らない方は楽しめるかもしれません。

ではでは( ^ω^) 

Boards of Canada Music Has the Right to Children